日本の美しいものづくりの旅【会津塗(あいづぬり)】

城下町・会津の地で育まれ、磨かれた
多彩な塗りの技、加飾の美

 白虎隊の悲話で知られる福島県の城下町・会津若松。この地で400年以上の歴史を刻んできた伝統工芸品が会津塗です。江戸時代には武家の、のちに庶民の生活漆器として愛用されてきた会津塗の特徴は、多彩な塗りの技法や加飾の美しさにあります。武家の愛した意匠を用いた会津絵、黒や朱の漆に金の図柄が鮮やかな「消粉蒔絵(けしふんまきえ)」、もみ殻で独特の模様を生み出す「金虫喰塗(きんむしくいぬり)」など、会津塗を代表する数々の伝統技法。
 それらは、木地作りから、塗り、加飾といった工程を分業する職人の熟練の技に支えられ、育まれてきたものでした。

歴代藩主の庇護のもと
漆器産地に成長

 会津で、漆製品が地場産業となったきっかけは、豊臣秀吉の命を受けた蒲生氏郷が天正18 (1590)年に領主となったことでした。氏郷は、郷里の近江から塗師、木地師、蒔絵師など多くの職人を呼びよせ、産業として奨励したのです。江戸時代には、歴代藩主が技術革新に取り組み、会津は、漆の栽培から加飾までを一貫して手がける漆器製品の一大産地となりました。
 幕末の戊辰戦争では打撃を受けたものの、明治期には復興を遂げて新しい技法も次々に誕生しました。
 そして、今、会津塗は伝統の技を脈々と受け継ぎながら、一方で現代のライフスタイルに寄り添う新たな製品を生み出し、私たちの暮らしに美しい彩りを添えてくれています。

伝統の意匠・会津絵

縁起の良い松竹梅、桧垣、破魔矢を組み合わせた模様を、朱・緑・黄・茶などの艶やかな彩漆(いろうるし)で描いた代表的な会津塗。江戸時代の武家の文化を象徴する「めでたい」意匠には長寿や平安、幸福を願う思いが込められている。

三部門の専門職

会津塗は木地、塗り、加飾の工程を、それぞれ専門の職人が分業して作っています。材料の木を選び成形する工程は、丸物を作る木地師(きじし)と板物を作る惣輪師(そうわし)が担当。塗りの工程を、丸物塗師と板物塗師が行うのも会津ならでは。塗りと研ぎを繰り返し、漆をむらなく美しく塗り重ねていきます。そして加飾師が蒔絵や漆絵、沈金といった装飾を施します。こうした専門に特化した技が、高い品質の維持と効率的な生産につながっているのです。

会津塗の主な制作工程

問屋がプロデュースする新しい製品の開発

 工程ごとの職人の熟練技を生かし会津塗の製品を世に送り出す問屋は、古くからプロデューサーの役割を果たしてきました。その役割は現代も変わりません。問屋は伝統的な製品だけでなく、今の暮らし方に合った製品やデザインを考案し、商品の販路拡大に挑戦しています。会津塗は、今日も進化を続けているのです。

 

〈取材協力〉  
会津漆器協同組合
  福西惣兵衛商店
福島県会津若松市大町1-1-45
TEL:0242-27-0845
   
会津塗伝承館 鈴善
福島県会津若松市中央1-3-28
TEL:0242-22-0680
美工堂
福島県会津若松市西栄町6-30
TEL:0242-27-3200

ページトップへ戻る