日本の美しいものづくりの旅【秩父銘仙(めいせん)】

着物地の玉虫色の光沢に魅せられて

 銘仙は、大正から昭和にかけて庶民のおしゃれ着として、ハイカラ女子学生の通学着として、親しまれた平織りの絹織物です。秩父地方も有数の銘仙の産地でした。
 秩父銘仙の魅力は、光の当たり方で色合いが変わる玉虫色の光沢にあると言われます。それを生み出すのが、ほぐし織りと呼ばれる独特の技法。仮織りした後、経糸(たていと)を型染めし、緯糸(よこいと)をほぐしながら、織りあげるのです。本織りに使う緯糸の色によって表情が変わる美しさは秩父銘仙ならでは。
 2013年12月には、国の伝統的工芸品に指定されました。


養蚕の里、
秩父の暮らしから生まれた織物

 埼玉県秩父地方は山に囲まれた地形で、稲作に向かなかったことから養蚕業が盛んでした。養蚕農家の人々が、正規品として出荷できない規格外の繭を使って織っていた絹織物が秩父銘仙のルーツになりました。目が詰まっていて丈夫、表裏がない平織りなので、洗い張りして仕立て直しができたことも重宝されました。秩父の人々の暮らしから生まれた秩父銘仙は、やがて地域の名産品となっていったのです。

経糸(たていと)に型染めしてから織りあげる秩父銘仙の技
“ほぐし織り”

仮織りの緯糸(よこいと)を手でほぐしながら本織りをしていく“ほぐし織り”は、秩父銘仙伝統の職人技。経糸を仮織りし、型紙を使って模様を先染めする秩父銘仙は大胆な柄の表現もお得意だ。

緯糸の色を変えると織りあがりの色合いが一変する

経糸だけが染色された仮織り(左)に、本織りで色のついた緯糸を織り込んでいく。緯糸の色で織りあがりは全く違う色合いになる(右)。

レトロモダンを身に纏う

 今も職人が手染めをし、丹精込めて織りあげている秩父銘仙。近年は、伝統柄だけでなく、現代風の意匠を施した製品も生まれていて、着物愛好家ならずとも愛用できるレトロモダンな美しい小物やストールを手に入れることができます。

 

〈取材協力〉  
ちちぶ銘仙館
埼玉県秩父市熊木町28-1
TEL:0494-21-2112
新啓織物
埼玉県秩父市中宮地町37-9
TEL:0494-22-3140

 

ページトップへ戻る