特集 窓辺をもっと楽しもう。
「窓装飾(ウインドウトリートメント)選びも自由に楽しみましょう」

バルコニーに通じる掃き出し窓か腰高窓かによって、適した装飾も変わってきます。カーテン、ブラインド、ロールスクリーン、シェード、それぞれが持つ特性を考えながら、組み合わせやアレンジも自由に楽しみましょう。

カーテン

つり元やレール、フックの種類によって印象が変わります。防カビや防汚、遮光や保温などお好みの機能性も選ぶことができます。大きくドレープカーテンとレースカーテンに分けられます。

ブラインド

横型と縦型があり外からの視線、通気、断熱性、保温性を調節してくれます。光と視線を同時に調整でき、素材もアルミ製や木製などがあります。

ロールスクリーン

巻き上げ式に上下に開閉させるタイプのウインドウトリートメント。下げるとフラットな形になり、色や柄によって空間の雰囲気を変えることができます。

シェード

たくし上げ方式で上下に開閉させるタイプのウインドウトリートメント。様々なヒダの形があり、プレーンにもエレガントにも演出できます。腰高窓や出窓におすすめです。

 

窓装飾を選ぶ時、どんなライフスタイルにしたいかイメージすることが大切です。デザインや機能だけでなく、外部の環境やメンテナンスのしやすさなども考慮して素敵な演出を楽しみましょう。

ページトップへ戻る