住まいのメンテナンスNAVI
第5回・お風呂のメンテナンス
「お掃除のプロが教える 汚れを知って、お掃除を楽に効果アップ!」

 いつも清潔でピカピカのお風呂が理想。1日の疲れが取れ、明日への活力が生まれますよね。
 でも意外とお風呂の掃除に苦手意識を持っている人が多いのも事実。ちょっと油断をするとカビが発生するし、バスタブから床、壁や天井など全てきれいにするのは大変です。まずは汚れの質を知って効率よくお掃除しましょう。

自分でできるメンテナンス

【壁】
入浴後は乾いたタオルでふき取る

入浴後、そのままにしておくと汚れ、カビの原因に。乾いたタオルで水滴を残さないようにふきましょう。

【壁】
スクイージーで水滴を落とすだけでも大丈夫

乾いたタオルでふき取るのが大変な方は、スクイージーで水滴を落としてみては。上から下へ(下図①②の順番)水滴を落とすだけ。全てを落とさなくても効果があります。

【鏡】
ラップすることで浸透力を上げる

鏡全体に洗剤(クエン酸水)をふきかけたら、ラップフィルムをその上からかぶせておくだけ。ラップすることで、洗剤がすぐに乾くのを防いでくれます。

【水栓周り】
ホースの汚れを取るには歯磨き粉で

歯磨き粉をしっかり含ませたスポンジでホースをこすれば汚れを落とせます。これは歯磨き粉に含まれる研磨剤による効果です。

【水栓周り】
水栓周りにこびりついた水アカはカードでカキ落とす

クエン酸水を塗りこみ、少し放置(※ラップするとさらに効果アップ)。ふやけたところを、使わなくなったプラスチックカードで削るように落とすとよく取れます。

プロのメンテナンスは同封の「Refina」34号でご紹介しています。 ※一部、配布されていないマンションもございます。

 

情報提供会社:おそうじ本舗

 

 

ページトップへ戻る