カラダ想いレシピ
「食事で夏バテを防止しましょう」

暑い季節は大量の汗と一緒にビタミン・ミネラルも排出されてしまうため、体の不調を起こしやすくなります。喉が渇いたからといって、水だけをたくさん飲むのは逆効果。血中のナトリウム濃度が下がらないように、体が水分の吸収を控えてしまうだけでなく、胃酸が薄まって消化機能も低下してしまいます。
おすすめは、食事からの水分補給。特に夏の日差しを浴びて育った果菜類(トマトなどの実を食べる野菜)には、水分やビタミン・ミネラルだけでなく、抗酸化成分も豊富に含まれています。


 

ページトップへ戻る