特集 スマートな生活の創り方
「モノを最小限に選りすぐることで、潔い暮らしのリズムが生まれる。」

ミニマリストに学ぶスマートな生活

 大切なもの、本当に好きなものだけを身近に置くと、雑多なことに時間をとられたり、気持ちを煩わせたりせず、大切なことに集中できます。例えば壁面の棚にはあえてものを飾らないようにして、大好きなバードウォッチングに関するものを中心に自然を感じるグッズを飾りました。余白を生かしたディスプレイです。
 ライフスタイルをお部屋のインテリアに表現したご家族のリビングルームをご紹介しましょう。

リビングにはダイニングテーブルは置かず、棚には自分の好きなもの以外飾らない、といったシンプルなコーディネートです。

飾り棚に差し色を

ものを片付けてシンプルになった棚は色や柄で遊びましょう。ナチュラル志向だったらアースカラーやブルーの布地を棚のサイズにカットしたパネルに貼ってはめ込みます。空を飛び回る小鳥が木立ちで羽を休めたり、庭で遊んだり。水栽培をインテリアにプラスして、育てる気持ちも育みます。

思いっきり散らかしてもすぐに片付く

小さな子どもがいるので、遊びやお勉強の時間には折り畳み式のローテーブルを広げます。作業が終わったら子どもたちの手の届く場所にしまってもらう習慣をつけると、お掃除もしやすく、家事が楽になります。

空間を楽しむ工夫

壁面の棚がない場合は、ソファと植栽だけを置きます。壁には植栽と連続するようにウォールステッカーを配置。広い壁面を使って自由にコーディネートしましょう。

シンプルなお部屋にこそアクセントとして色もデザインもハッと目を惹くものを置きましょう。ここでは椅子の色と合わせて黄色のミモザがポイントです。

 

ページトップへ戻る