失敗しないためのマンション売却講座 第3回
「『マンション売却』を成功に導くポイント」

第1回では「資産価値の把握」、第2回では「仲介と買取の違い」をご紹介しました。
連載最終回は、売却相談から物件引き渡しまでの全体の流れの中でマンション売却を成功に導くポイントを具体的にお伝えします。

不動産会社の算出した査定価格を参考に、売り出し価格を決めて媒介契約(下記)を締結し、販売活動に入っていきます。ご成約までの期間の目安は1~3カ月が一般的ですが、地域や時期、また売り出し価格によっても大きく変わります。不動産会社は地域性や販売時期を見ながら、売主様の希望に沿ったご売却のお手伝いをしていきます。 (図1参照)

売り出し前に

媒介契約を結ぶ

媒介契約とは不動産会社に不動産の売却を依頼する契約です。価格査定の内容や売却活動の手法について説明を聞き、媒介契約書の内容を理解した上で契約しましょう。媒介契約には、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があります。それぞれメリット・デメリットがありますので、不動産会社のアドバイスなども参考に選びましょう。(図2参照)

売り出し価格の設定

一般的に不動産会社の算出する査定価格は概ね3カ月以内に売却できる価格を指しています。実際に売却活動を開始する際には、不動産会社の提案をもとに、売主様の希望を反映させ設定します。販売開始から2週間程度経過して、購入希望者からの問い合わせが少なければ、売り出し価格を再検証した方がよいかもしれません。一般的には、市場価格を大きく上回る価格で売り出すと販売が長期化し、成約価格が下がることも少なくありません。

売り出し中に

不動産会社による売却活動

web媒体や、新聞の折り込み広告などの紙媒体を利用して、購入希望者を探すための営業活動を積極的に行います。

室内内覧の実施

購入希望者からの反響に応じて室内の内覧を行います。

〈室内を片付ける〉

どんなお部屋でも散らかっていたり、生活感がしみついていたりしては売却の足かせになってしまいます。すっきりきれいに見えるように整理整頓を心がけましょう。最近では不動産会社が売却物件の印象アップを図るサービスを提供しています。例えば、片づけが苦手な方は「お片づけサービス」、物が多すぎる方は「荷物一時預かりサービス」を利用して早期売却を目指します。

〈照明を活用する〉

誰でもできる印象アップの方法もあります。内覧時にはお部屋の電気は全て灯け、カーテンは開けておきましょう。お部屋の明るさは印象を決定付ける大きな要因であり、またお部屋の第一印象はずっと記憶に残りますので、一番重要といっても過言ではありません。

〈プロの助言を参考に〉

「もう少し高く売れるかもしれない」と思って、購入希望者からの条件交渉を断ったものの、結局あの時に売っておけばよかったと後悔されるお客様も少なくありません。豊富な経験を持つ不動産会社のアドバイスに耳を傾けることも大切です。

売買契約から物件引き渡しまで

物件引き渡しまでの注意ポイント

売買契約締結後は、買主様へ物件を引き渡すための準備に入ります。住宅ローンを組んでいる方は完済の申し込みや抵当権等の抹消手続き、各種書類の準備が必要です。また、残代金の受領日(一般的には引渡日と同日)までに家具等は搬出して空室にするとともに、公共料金の清算も忘れないように行いましょう。

 

3回にわたり、マンション売却をスムーズに進めるためのポイントをご紹介してきましたが、何より大切なのは、パートナー(不動産会社)選びです。またそれは売主様と営業担当との信頼関係の構築がカギとなります。営業担当へは売却理由や目的、住み替え計画などをできるだけ明確にお伝えいただき、様々な角度から検討を重ねることで、失敗しないマンション売却へとつながるでしょう。

 

ページトップへ戻る