特集 夢かなえる、リフォーム。
「新しい快適さと心地よさを求めて。」

ライフスタイルを見直すときがリフォーム適齢期

 住まいは生活する空間であるとともに、家族、あるいは独りに戻ってホッとできる大切な場所です。子どもが成長して個室が必要になったり独立して家を離れたり、あるいは古くなった設備を一新することもあるでしょう。ライフスタイルが変わっていくように、住まいもカタチを変えていく、それをかなえるのがリフォームです。「生活に合わなくなってきた」部分や「ちょっと不便な」ところを、快適でストレスのない、今の暮らしに合った住まいに変えていく方法でもあります。

4LDKを3LDKに

 上の写真のリフォームは、子どもが独立し、ふたりの生活に戻ったご夫婦のリビング・ダイニングの事例です。リビングと隣り合う4畳半の和室をなくしたことで14帖のリビング・ダイニングが19.5帖に広がりました。リビング側の壁面は奥様の趣味を生かしたデザイン重視の飾り棚にし、九州へ旅行をした際に出会った大川組子の装飾をはめ込みました。ダイニング側の壁面はご夫婦のコレクションを飾るスペースとしました。

夢をかなえたリフォーム事例

ホテルのような非日常的な雰囲気の漂う空間

・4LDKを2LDKにし、手狭だった独立型キッチンをアイランドキッチンに
・シーリング照明からLEDダウンライトに

お料理自慢のこだわりのキッチン。話が弾むオープンタイプ

・大型オーブンや低温保存のパントリーを備えたこだわりのアイランドキッチン
・パーティーが開ける開放的なリビングに

デザイン性の高いバリアフリーのリフォーム

・和室だった寝室を洋室にして布団からベッドの生活に
・あたたかな木質感あふれるフローリングに

 

ページトップへ戻る