カラダ想いレシピ
「旬材+栄養メソッドで、ひと味違う夏レシピ。」

 暑い時期は、汗をかいて体力を消耗したり、強い日差しでお肌や髪が傷んだり。こうした不調を回復させ、健やかに保つためには、エネルギー源である炭水化物、筋肉や皮膚・髪のもとになるたんぱく質、それらの消化・代謝を助けるビタミン・ミネラルをバランスよくとることが大切です。
 ビタミン・ミネラルは野菜・きのこ・海藻などに多く含まれています。食材の重さを目安に、主食(炭水化物):主菜(たんぱく質):副菜(野菜など)を1:1:2になるように食べると、栄養が無駄なく吸収され、体脂肪も付きにくくなります。
 食欲が落ちているときは、シャキシャキとしたものや、のど越しがよいものなど、食感の違うものを組みわせて、食欲を刺激しましょう。

 

ページトップへ戻る