シニア世代のより良い暮らし
きちんと知ることが、認知症対策の第一歩です。
「今、知っておきたい認知症のABC」

高齢社会の日本では国民病ともいわれている認知症。いつ自分や家族が向き合うことになるかわかりません。一番の対策は早めに気づいて対処すること。そのための基礎知識を身に付けておきましょう。

認知症とは…

認知症とは、なんらかの原因で脳の細胞が死滅したり、働きが悪くなることで、様々な障害が起こる病気です。代表的な疾患には次のようなものがあります。

●アルツハイマー型認知症
異常なたんぱく質が脳にたまって神経細胞が死に、記憶を担っている海馬(かいば)から萎縮が始まって、しだいに脳全体に広がります。認知症の多くを占め、進行が飛躍的に早く40代から発症することもあります。

●脳血管性認知症
脳梗塞、脳出血、脳動脈硬化などによる神経細胞の死滅や神経ネットワークの崩壊によって発症する、後遺症としての認知症です。脳のどの部分にダメージを受けたか、また障害の程度によっても症状が異なります。

●レビー小体型認知症
大脳全体にレビー小体と呼ばれる異常なたんぱく質の塊が現れることで発症。実際にはいない人が見える「幻視」や睡眠中に怒鳴ったり奇声を発する異常言動症状が目立ちます。認知症全体の約2割を占めます。

●前頭側頭型(ぜんとうそくとうがた)認知症
前頭葉と側頭葉の萎縮によって発症。もの忘れはひどくありませんが、常識外れな行動が目立つことが特徴です。若い人でも発症しますが、患者数が少なく、解明できていないことも多い認知症です。

認知症の症状は、ふたつに分けて考えます

脳細胞の不具合によって直接的に起きる中核症状と、それに性格や環境が作用して行動や心の動きとして起きてくる症状のふたつです。

認知症かな?と思ったら、こんなところに相談を

認知症は早期診断と早期治療で症状の緩和が期待できます。初期の段階で適切な治療を受ければ、薬で進行を遅らせたり、症状が改善する場合もあります。

認知症と診断されたら

認知症の初期段階では、本人が一番不安になって辛い思いをしています。認知症の人は理解力が落ちているものの、感情面はとても繊細です。大切なのは周囲の人たちが認知症という病気を理解して見守ること。さりげなく自然で優しいサポートを心がけましょう。

 

 

ページトップへ戻る