素敵収納術
「新生活、始まる=思い出を、収納する」

懐かしい写真や思い出のたくさん詰まった品々。
家のあちらこちらに散らばったままでは、大切な思い出が色あせてしまいます。
新しい学年、新しい生活の始まりに、収納方法を見直しましょう。

思い出の収納

「懐かしい」「元気になる」など心に響くものを選んで、思い出の品を残しましょう。何を残すか考えることが、自分にとって本当に大切なものに気付かせてくれるきっかけとなります。飾ったり、スクラップしたり、楽しみながら収納しましょう。

リビングに、ひと手間加えて作品コーナーを作ります

お子様の作品は、成長とともにどんどん増えていきます。しばらく飾ったあとは、お子様と一緒に保管か処分かを決めましょう。大きな作品は写真に撮って残しておいてもよいでしょう。

プリント写真はスクラップブックにして残すという方法も

台紙に書き込めるアルバムを使って、セレクトした写真をスクラップブックにして整理。
写真にチケットなどの思い出の品や手書きのメッセージを添えることで、見返したときに記憶がより鮮やかによみがえります。作ったスクラップブックは、メモリアルボックスに入れていつでも見られるように保存しましょう。

メモリアルボックスに入れて大切に保管

両親や祖父母からもらった手紙、お子様の健やかな成長を祝った赤ちゃん筆やファーストシューズなど、とっておきの品はメモリアルボックスに入れて保管。一人に一つの専用ボックスを用意しておけば、お子様が独立するときに、そのまま持たせてあげることができます。

物として残せない場合、
データにまとめてスッキリ収納

自宅でのデータ化

絵画、工作、賞状などは写真に撮って残しておいてもよいでしょう。CDやDVD、もしくは外付けのハードディスクでバックアップすることも忘れずに。また、クラウドサービス※を利用すれば、スマホなどからいつでもどこでも見ることができ、離れて暮らす家族とも共有できます。

※「クラウドサービス」:データを自分のパソコンや携帯端末などではなく、インターネット上で保管してくれるサービスのことです。

写真専門店のサービスを利用したデジタル化

プリント写真やネガフィルムが大量にある場合、高品質なデータで残したい場合に、写真専門店を利用するのもおすすめです。データ化してCDやDVDにまとめるだけでなく、アルバムの写真を剥がさずにページごとデータ化するサービスを行ってくれるところもあります。

 

ページトップへ戻る