自分らしい素敵をつくる・ポジティブインテリア
「家族全員が自分の時間を楽しめるリビングへ」

一人ひとり大好きなことに没頭している日曜日の午後。
みんなが別々のことをしていても、時々言葉をかけたり笑い合ったり、
家族のぬくもりを感じていられるリビングは
外の寒さを忘れるほどあたたかな時間が流れます。

休日のお父さんは
自慢のスペースで

シンプルな机を置いてリビングの一角につくったお父さんのパーソナルスペース。ダイニングでお茶の準備をするお母さんと子どもたちのおしゃべりを聞きながら、カメラの手入れをしたり、ミニカーを組み立てたり。自慢の1枚はコルクボードに留めたモノクロ写真。

コルクボードに枝でつくったフレームを組み合わせて個性的なオリジナルデコレーションボードが簡単にできます。

コルクシートを普通の箱にぐるりと貼り、文字が書けるテープを側面に。何が入っているか一目でわかります。お揃いのボックスにするとお洒落でプロの雰囲気が出ます。

簡単につくれる
小さな遊び場

リビングルームにラグマットを敷いておもちゃ箱として使っているバスケットを逆さに置いただけの遊び場。簡単に自分のスペースができて子どもも大喜び。夢中でお絵かきをしたり、絵本を読んだり。食事の用意をしているお母さんもときどきアルファベットゲームに加わります。

遊びが終わったら、机代わりのバスケットにおもちゃをしまって。小さな子どもでもお片づけの習慣がつき、自分でできることが増えると自信がつきます。

 

 

ページトップへ戻る