カラダ想いレシピ
夏野菜とたっぷりたんぱく質で疲れた体の代謝アップ!

夏こそ! アツアツ・スパイシーな料理で、体の芯から暑さを撃退。
エアコンに頼らない暑さに強い体を作る。

 ついつい「冷たいもの」や「のどごしのよい麺だけ」を摂りがちですが、体力を消耗する夏こそ、食事には注意が必要です。
 発汗を助ける「熱い料理」や「香辛料」、代謝を高める「たんぱく質」、夏の紫外線に耐える力をもった「夏野菜」をとって暑い夏を乗り切りましょう!





効果あり!!夏野菜の栄養価。

◆ パプリカ(Paprika)
ビタミンCを壊れにくくし、抗酸化作用の性質を高める効果をもつビタミンPを含む。

◆ オクラ(Okra)
抗酸化作用がありコレステロールの酸化を防いで動脈硬化を予防するβ-カロテンを含む。そのほか、ビタミンB1、B2やビタミンCも豊富。

◆ ズッキーニ(Zucchini)
βカロチンのほかカリウム、マグネシウム、マンガン、ビタミンKなどがバランスよく含まれる。マグネシウムはカルシウムやリンと共に骨や歯の形成に必要な栄養素。

 

ページトップへ戻る