「素敵生活」制作舞台裏

「素敵生活」2009年秋号(Vol.39)の制作舞台裏です。

素敵を作る・ポジティブインテリア!

手作り派、必携のグルーガン

プラスチックを熱でとかして糊の役割を果たしてくれます。ホームセンターなどで簡単に入手でき、手作りの際にはとても便利。ただし、やけどにはくれぐれもご注意ください。

スタイリスト小川さんの道具

バスケットのなかにはドアノブリースで使ったリボンがバリーエーション豊かに入っています。

スタジオにドア出現

ドアノブリースを飾るためにカメラマンのリビングルームのドアを外してスタジオに持ち込みました。

カラダ想いレシピ

スネハムはこんなかたまりをスライスしました。

スペインといえば生ハム。でも新潟県胎内市のスネハムは、本場の生ハムに負けない美味しさです。

2種類のチーズはくせになる美味しさ

左側のサントモールは新潟県胎内高原の山羊の乳を使用したチーズ。表面を炭で覆い熟成させています。右側のブリードは同じ胎内高原のジャージー牛の搾りたて新鮮ミルクから作った白カビチーズ。白ワインにこのうえなく合います!

 

ページトップへ戻る