私たち、実は意外とEcoでした。
そしてこれからもEcoであり続けます。

管理会社として取り組んできたこと。そして次へ。地球と社会のために、
みんなで一緒にできること。私たちは今、新たな気持ちでエコ活動をスタート!

 2009年、長谷工コミュニティをはじめとする長谷工 コミュニティグループは全社一体となって取り組むエコ&社会貢献活動を新たにスタートします。私たちはこれまで皆さまに安心・安全・快適な暮らしをお送りいただけるよう、管理の質にこだわり、技術力の向上に力を注いでまいりました。たとえば大規模修繕工事に関連して、老朽化した給水管の更新にはサップスR、排水管の再生にはHAM_J工法というオリジナルな工法を開発。耐久性を飛躍的に高め、さらに工費、工期を短縮し経済性と省エネ性を実現。断熱性に優れたペアガラス入りサッシ(リサッシ)をはじめ、リフォーム工法にも経済性と環境性に配慮したご提案をしてまいりました。またCO2の削減を目的とした屋上緑化を率先して長谷工コミュニティ東西両支社で採用するなど、私たちのこうした管理会社としての取組は、実は意外とエコにつながっていました。

 そして今、地球温暖化への懸念がますます高まるなか、もっと私たちにできること、管理マンションの皆さまと一緒になってできることはないかと考えました。そして新たにスタートするのが「マンションエコ大作戦」。第1弾の「エコキャップ回収大作戦」を皮切りに、マンション内で世代を超えて気軽に楽しくご参加いただけるエコ活動をご提案します。「一つひとつは小さなことでも、長谷工グループ管理マンション約25万4千戸の全員が参加して活動を積み重ねれば、やがて大きなムーブメントになるはず」と推進リーダーである長谷工コミュニティの渡辺部長。活動の成果は専用サイトで発表、みんなが協力し合い楽しみながら行動するうちに社会や地球のためになる、そんな活動をめざしていきます。

 Ecology, Economy, そしてEnjoy!

 3つのEを合言葉にした私たちの新しいエコ宣言。活動の様子は「素敵生活」誌面&素敵ネットでご報告していきます。皆さまのご参加をお待ちしています。

マンションだからこそ小さなコトが大きなパワーになる、
小さな種を大きく育てる活動を私たちは積極的にサポートしていきます。

レジ袋削減でCO2を減らす
マイバッグ生活

 レジ袋の削減は、マンション内ショップ(現在15物件)において実施される予定で、買い物をした際にマイバッグを持参いただき、レジ袋を使わないことで原料となる石油の使用量、袋を加工する際のCO2、使用後の袋を燃やしたときに出るCO2を削減しようという試みです。

 現在、ショップのレジ袋発注数量は15物件で年間約11万7,500枚。仮にこのすべてのレジ袋を使わなかった場合、約7.2tものCO2削減になります。今回の目標は、この約3割の35,000袋の削減。この場合でも約2.1tの削減量となり、これは杉の木150本が1年間に吸収するCO2の量に相当します。

 各ショップではスタンプカード方式を採用、マイバッグでお買い物された方にスタンプ1個を押印し、スタンプがたまるとお買い物券として利用できるようにしております。

エコロジー&エコノミーな
「カーシェアクラブ」

 一方、CO2削減の視点からご提案する新しいサービスが(仮称)『長谷工・カーシェアクラブ』です。マンション単位で車を配置し必要な人が必要な時だけレンタルして使うため車の台数が減り、それに伴う交通渋滞の緩和によるCO2の削減も期待できるエコシステム。
 加えて長谷工コミュニティのサービスは管理会社として居住者の利便性を第一に考え、柔軟性のある運営方法をご提案いたします。利用者は一度登録すれば、月会費を払うことなく24時間利用可能、使用時間以外のムダなコストは一切かかりませんのでマイカー所有コストの2分の1から3分の1で済みます。また、システム導入時の初期費用や毎月の利用料の支払い方も様々、管理組合の予算に合わせて選べます。さらに機械式駐車場を採用しているマンションでは修繕や交換が必要になった際の本システム導入がおすすめ。エコロジーがエコノミーにつながる管理会社初の試みです。

カーシェアクラブのお問合せ先:
長谷工コミュニティ 素敵生活推進部 03-3457-1572

エコ・ユニフォームでがんばります
ライフマネージャーのユニフォーム刷新

 本年6月下旬よりリサイクル素材を使用したユニフォームを導入開始。
“もったいない”精神を尊び、古くて着用できなくなったユニフォームから順次交換していきます。

エコメッセージを発信
コンシェルジュサービス

 コンシェルジュカウンターの設けられたマンションで、お住まいの皆さまの日常生活に密着したサービスを提供しているコンシェルジュ。長谷工コミュニティ「コンシェルジュサービス課」では、インターネットや電話を通じて提供するサービスとは違う、人と人が対面で接する点を重要視し、コンシェルジュの存在そのものが安心感につながり、マンションの顔として信頼されることが基本と考えています。そして、これからはコンシェルジュがエコ活動に関するメッセージ発信の場となり、さらに居住者の皆さまのエコ活動をサポートする役割を担ってまいりたいと考えております。

ページトップへ戻る